お正月の不動産の飾り

お正月の不動産の飾り

都内のオフィスビルなどは、年始の仕事初めには、ちょっとあらたまった雰囲気になったりして、普段とはその様相も違ってきます。ビルによっては、その不動産の運営にもよりますが、お正月の飾りを置いてあるビルもあったりします。

こういったものは、基本的には不動産物件向けのレンタルのものだったりします。そして大抵年始の一週間程、不動産のエントランスなどに飾られたりします。そして、大抵は不動産オーナーのお金でまかなわれます。小さな門松であっても十万円したりもしますので、大きな不動産に置いてあるものは、数十万を超える場合もあるのです。これを払うのは不動産オーナーですから、こういったところでも、不動産オーナーの裁量というのがわかってきたりします。

 

友人の不動産投資について

不動産投資と言えば、私の友達が投資用にマンションを購入して、そのマンションが値上がりして利益を出したって事があります。確かにその頃、そのマンション近辺が開発されてて土地も値上がりしそうだったんですけど、不動産投資とかでそんなに利益とか出せるのかなって思ってたら、その友人が出しましたので、びっくりしたのを覚えてます。

その友人はお金に余裕があって、もし値が下がっても自分で住むか、親戚に貸すかって言っていて、もし値が上がらなくても大丈夫という気持ちで投資していたようですから、そういう人の方が投資は向いているんだろうなって、むしろそういう風に投資するべきなのかも知れないなって思いました。

不動産投資は利益を出す事もありますが、当然その逆もあるわけですから、リスク管理をしっかり行って投資をする。そうすれば不動産投資は悪い投資にはなりません。もし投資として失敗しても、自分の住居として活用する、そのくらいの気持ちで行うと良いんじゃないかなって思います。

不動産投資は必ず必要
不動産投資の初心者でも安心の
不動産投資相談センター


不労所得を目標に、資産1億円を目指します。

 

Calendar